トップページに戻る 自己紹介 教室案内 料金 新着情報 みんなの絵


<< 2012年5月6月レッスン日 | main | 各教室の募集について >>
ベン・シャーン展へやっと行けた!




ちょうど20歳くらいのころ、ベン・シャーン大好きで
制作の合間に図書館で借りた画集をよく眺めては、
本物が見たい。けど、見れない。と、一人で嘆いていた。
14年後に見れるなんて〜想像もしなかった。
岡山での最終日、やっと行けた!

どこへでも車で行ってしまう私ですが
最近睡眠時間が少なくなって眠くなってしまうのと、
今日は一人で行くので、贅沢新幹線となりました。
岡山駅から、岡電に乗って♪路面電車は、小旅行のテンションを
グッとあげてくれました。ローカル電車最高〜
地元滋賀とどこかにている地方都市、岡山好きです。

混雑覚悟で挑んだはずでしたが、嬉しいことにとっても空いていて
ゆっくりと、落ち着いて集中して観れました。

ベン・シャーンの作品のメッセージは、この歳でやっと知ることとなったのですが、
人間臭さ、泥臭さ、決して許すことの出来ない数々のテーマを表現する中で
ものすごく繊細で柔らかい愛らしい表現が沢山あって、感動胸いっぱいでした。
麻生三郎コレクションやラッキードラゴンシリーズも生で観ることができた。
教科書や画集で観た作品たち、出会ったことの無かった作品の数々、
行って良かった。心から感じた良い休日でした。

まさかの大学時代の先輩、小畠さん(嵯峨美洋画コースの男前お兄さん)とバッタリお会いし、
富田さんという先輩も紹介して頂きました。コバーンさんファンに羨ましがられる出来事でした。
一瞬ここ京都やったけ?とお互い思ったのでした。


直感で入ったランチのお店も当りやった!
美観地区まで行って、オオヤコーヒーさんのお店に行きたかったけど
今日はあっさり帰途につきました。
(Rちゃん、教えてくれてありがとう。今度、一緒に行こうね〜♪)

そして、つい先日、偶然にも同じタイミングで美大時代
の作品を整理しました。
ベン・シャーンの画集を抱えていた頃の作品を
残しておくべきもの、処分すべきものを判断。
私の作品は、大きいもので3メートルあるので、
(自宅のおくどさんを描いていたので大きいのです)
いらない作品を切り刻んで、トラック1台分捨てました。
ちなみに、大切な作品はしっかり残しています。
心の整理もできました!


人体クロッキーが好きです。
下手なりに向き合っている。

採れたての新たまねぎが美しくて。
ドキドキしながら描いた。1999年と描いている。



おくどさんのスケッチ。紙が足りないので
どんどん足してゆく。暗い闇の中におくどさんがいたなぁ。


自分の作品としっかり向き合って参ります。
2012.05.20 Sunday | comments(0) | 日々

コメント
コメントする









カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク


©2008 atelier orange